トップテレワークをはじめたい雇用型テレワーク

雇用型テレワーク

テレワークの分類

テレワークという働き方は、雇用関係の有無によって、企業や行政などとの雇用関係のない、つまり個人事業主として働く自営型テレワークと、雇用されつつ定められた勤務場所(オフィス等)から離れた場所や時間を選んで仕事を遂行する雇用型テレワークに分けることができます。

モバイルワーク
雇用型テレワークは、働く場所によって下記のように分類されます。

  • 在宅勤務
    週の何日かはオフィス等に出勤せずに自宅でパソコンや携帯電話等のICTを利用して会社の仕事をする働き方
  • モバイルワーク
    移動中や出先で仕事を遂行する働き方
  • サテライトオフィス勤務
    勤務場所以外の自社オフィススペースや共同委利用型のテレワークセンター等で仕事をする働き方

雇用型テレワークの推進

ICTの進展にともなって、会社等に出向かなくても仕事ができるケースが増えました。働く場所と時間を選べるということは、仕事を効率よく効果的に進めることができるだけではなく、新しいアイディアを生み出すなど、思考的な業務にも向いています。また、モバイルワークをすることによって顧客との面談時間や訪問回数を増やし、顧客満足度の向上、営業効率を上げることも可能です。

雇用型テレワークイメージ写真
従来は「会社に行かなければ仕事が進められない理由」がいくつもありました。しかし、仕事仲間がそこにいて連携ができることや資料が保管されているといった“機能”が理由であれば、ICTを活用して「どこにいても可能」な環境を整えることで、雇用型テレワークをはじめることができます。

テレワークセンター徳島では、社内へのテレワーク導入のステップのご紹介や課題解決のためのご相談に応じています(相談事業についてはこちら)。お気軽にお問合せください。

導入事例

参考:雇用型テレワークの一日

タイムスケジュール
タイムスケジュール(JPG 1.32MB)

TOPへ